スポンサードリンク

実録漫画『ちょっと恥ずかしかった話』~美術展と母

 

学芸員のお姉さんが、一瞬ピクッてなったけど

そのあと微動だにしなかった。「胸平 ちな」です。

 

 

都内の三菱美術館に行ってきました。

フランス絵画展で、誰もが知っている絵というよりも

小ぶりだったりあまり世に出ていない絵画がずらり。

 

 

その中で、アントワーヌ・ヴォロンというフランス画家の

小さな作品がひときわ目をひきました。

 

 

↓↓↓それがコチラ↓↓↓

 

出典 http://www.allposters.co.jp

 

母が勝手にバターに魂を見出した、斬新な作品です。

 

巨大なバターが盛られているだけの絵なのですが

美術館の黄色い照射光が照り付けて、バターのいい香りが

漂ってきそうな雰囲気。眺めてるとものすごくお腹がすいてきます。

 

 

隣には、静かにたたずむ学芸員のお姉さん。

スーツでとても厳かに立っておられます。

 

 

美術館はものすごく静かで、靴音しか響かない中、

母が意気揚々と「バターの内なる魂」について語り始め

一瞬お姉さんがピクつきましたが、何事もなかったように

たたずんでいるのを見て「これぞプロ・・・!」って思いました。

 

 

原題は「Mound of Butter」。「バターの塊」です。

母の勘違いでいうなら「Soul of Butter」。

なんか・・・それはそれで素敵かも?

 

でも隣で私は赤面してました。恥ずかしかった。。(〃ノωノ)

 

 

バターに魂はあるのか?@胸平 ちな

 


【荒ぶる微乳】記事一覧はこちら


スポンサードリンク


↑クリックすると巨乳に・・・はなりませんが私の元気になります☆

このページのトップへ

【荒ぶる微乳】トップへ