スポンサードリンク

実録漫画『ヤバイ人たち』~ちぐはぐマン②

初対面の相手がシャイボーイだと焦るね。「胸平 ちな」です。

 

 

待ち合わせは、都心の静かなカフェ。

カップの音しか響かないレベルの静けさ。

 

 

この沈黙を破るのは、私以外にいません。

そう、お相手はなかなかのシャイボーイ。

 

 

 

「誰か紹介してよ」というノリなら饒舌に喋ってくれるかと思いきや

なぜかまったく喋ってくれない。

私のことをお気に召さなかったのかもしれませんが、

 

 

せっかくお会いしたんだし、「友達になれるかも?」と

仲良く会話できるキッカケを探しました。

 

 

 

友人の事前報告どおり、マジメそうな爽やか好青年。

 

無口ながら、注文の時も細やかに気遣ってくれたりして、

優しげでマイルドな雰囲気。ちょっとホッとしました。

 

 

 

この日はあいにくの曇り空でしたが

彼の胸元にはサッカーの本田さんみたいな

つやっとしたクール系サングラスが掛かっていて、

 

彼がそれをしきりに付け外ししています。

 

 

あまりに机に置いては端に寄せ、置きなおし、

また胸に掛け・・・みたいな感じなので気になって、

サングラスについて触れてみました。

 

 

どうやら、レイバンのハイクラスモデルだった模様。

 

 

サングラスを普段かけない私でも

レイバンの名は一応知っていました。

 

 

 

@胸平 ちな

 

 


【荒ぶる微乳】記事一覧はこちら


スポンサードリンク


↑クリックすると巨乳に・・・はなりませんが私の元気になります☆

このページのトップへ

【荒ぶる微乳】トップへ