スポンサードリンク

実録漫画『美貌の臨時女教師』~嘆きの歌⑥

 

先生の去り際は映画のワンシーンのようでした。「胸平 ちな」です。

 

クラスみんなが泣いていました。

ほんとうにほんとうに温かいハートを持った先生でした。

子供って大人のズルさをわりと見抜きますよね。

 

沢野先生を嫌いな人は誰一人いなかったことを考えると

人柄が本当に清らかだったのだと思います。

 

だって、今思い出しても

だいたい先生って悪口言われてると思うんですよ、誰か一人くらいには。

沢野先生はその点凄かったです。

教職員や父兄さんからも絶賛でしたから。

 

誰かが悪いことをしても、先生は哀しい顔をするだけ。

それだけで、生徒は自動的に反省を始めるのです。

なのでとてもクラス全体が良い雰囲気でした。

 

 

先生のお相手は学校関係者。

生徒も知っている顔で、イケメンと評判の熱血漢でした。

(女子に人気があった)

 

最後の別れの日の歌はもうすさまじい熱気でした。

みんな泣きながらで、涙と鼻水と汗で顔がぐちゃぐちゃ。

先生は白いハンカチで、美しい仕草で目元をしきりに押さえていました。

 

 

途中、感極まって突っ伏して泣く男子も続出。

「先生、いかんといて!」と叫んだりしていました。

 

 

女子も隙あらば

「先生、結婚、どうにかやめられへんの・・・?」

などと無茶を言ったりしました。

 

 

先生のハートを奪った男性に、誰もがちょっと腹を立てていました。

「かっこいいけど、なんか腹立つ…」と。

女子までもが相手の男性に嫉妬をあらわにしていました。

 

 

@胸平 ちな

 


【荒ぶる微乳】記事一覧はこちら


スポンサードリンク


↑クリックすると巨乳に・・・はなりませんが私の元気になります☆

このページのトップへ

【荒ぶる微乳】トップへ