スポンサードリンク

プロローグ

こんにちは。

関西微乳代表選手の「胸平(むねひら)ちな」です。

 

一生涯、貧乳として生き、貧乳とともに死す―。

このキモチは、真の貧乳にしか理解できません。

 

 

なにをかくそう、わたくし、

小学生のある時期、こう医師より告げられたのです。

「将来、あまり胸が育たないでしょう」と。

 

 

かかりつけの小児科医による、突然の宣告。

まあ、骨格やら気管の弱さやらで事実そうなったワケですが、

オブラートに少しも包まない物言い。幼い小胸は激しく動揺したものです。

(今よりもおおらかな時代だった)

 

 

この宣告を聞いた母、

「あっらー、そうなの?(笑)残念やわぁ」と笑いましたが、

 

コッチは残念どころの騒ぎではありません。

 

 

私は、「大人になったら女の人はみんな、胸が大きくなるんだ」

信じていました。そのレールから、小学生にしていきなりコースアウト。

 

 

「これからどうやって、どんなふうに生きていこう・・・」

 

 

と幼い私は思い始めます。

 

このときが、初めてマイバストを強く意識した瞬間でした。

 

 

周囲との比較からではなく、

医師から貧乳宣告された女性って、けっこうレアではないかと思ってます。

 

どなたか、そんな経験のある方がおられましたら、ぜひご一報下さい。

 

 

@胸平 ちな

 


【荒ぶる微乳】記事一覧はこちら


スポンサードリンク


↑クリックすると巨乳に・・・はなりませんが私の元気になります☆

このページのトップへ

【荒ぶる微乳】トップへ