スポンサードリンク

「敵現る」episode8

こんにちは。

初めてブラを装着した時の高揚感・・・「胸平 ちな」です。

 

サイズは全然合っておらず、しかも他人のブラ(赤)ですが

人生初装着の日は、鼓動を抑えきれませんでした。

 

大人の階段をひとつ上ったような、背伸びしたような感覚。

包まれた小胸がちょっと苦しくて、だがそれがイイ。

 

そういう浮かれ具合を、冷ややかに見ているクラスメイトの女子。

もちろん実在です。

この子は、発育面で私と底辺レベルで何かと競ってきました。

 

私と背格好がちょっと似ていて、何かと張り合ってきました。

お赤飯を炊いたかどうか等も、事あるごとに確認してきたり。

私としてはちょっぴりニガテなタイプでしたが、

 

初ブラ線を背中に浮かせて浮かれていた私を

さっそく授業中に目の敵にしてきました。

 

ものすごい恨めしいような妬ましいような目つきで

上のようなセリフを言い放ったんです。戦慄。

 

 

やはり胸にコンプレックスを抱えている女子って

どこか卑屈さがある。でも結局、同じ穴の狢。

 

@胸平 ちな

⇐前へ  次へ⇒

 


【荒ぶる微乳】記事一覧はこちら


スポンサードリンク


↑クリックすると巨乳に・・・はなりませんが私の元気になります☆

このページのトップへ

【荒ぶる微乳】トップへ