スポンサードリンク

「斜めの絶望」episode3 こんにちは、「胸平 ちな」です。

 

このサイト内のお話はすべて実話です。

もちろんこの谷間メイクも実践済。そして大失敗済です。

 

 

ずいぶん前になりますが、

雑誌でこの手の詐欺バストメイクが流行ったことがありました。

 

盛り上がった胸のふくらみにはハイライト(=肌色より一段明るいファンデ)

谷間にはシャドウメイク(=肌色より数段暗いファンデ&アイシャドウ)

ウォータープルーフだと、海にも行けます。

 

 

でもこれね、ある程度ムネがないと成立しないんですよ。

 

 

もともと谷間が僅かにでもあった上で、

そのラインを強調すべく、胸をキャンパスに見立てる。

そういう解説を、女性雑誌は怠っていた。

 

『どんな胸でも、2CUP上目指せます!』みたいな

断言口調だったから表紙買いしたのに・・・即ゴミです。

 

 

私、洗面所で親や姉が乱入してこないよう、

ドアの隙間にタオルを敷いて完全ガードの上、谷間メイクしました。

でもその斜め上方から鏡でみたときの虚しさ。

 

ただの平らなキャンパスに、ひとすじの茶色い線が入っているだけ。

なんの立体感も感じさせない。

 

急に我に返って私、ティッシュで胸元を怒り任せに拭いました。

 

 

その晩、お風呂に入るときにブラに茶色の汚れが付着してて

ホント泣きそうでした。「自分何やってんだ感」がすごすぎて。

 

それ以来、私はバストメイクへの意気込みが消失。

世間の目を欺くことなく、真っ正直に生きています(恋したとき以外は)。

 

 

@胸平 ちな

⇐前へ  次へ⇒


【荒ぶる微乳】記事一覧はこちら


スポンサードリンク


↑クリックすると巨乳に・・・はなりませんが私の元気になります☆

このページのトップへ

【荒ぶる微乳】トップへ