スポンサードリンク

episode38「肉」

こじらせすぎて、ありえない部位を攣る。「胸平 ちな」です。

 

この荒業に気づいたのは、お風呂に入る前の冬のある日。

寒くて腕をちぢこめてお風呂に入ろうとしてミラーを見たら、

ちょっと胸元がふっくらしていたんですね・・・感動。

 

バストって脂肪でできてますが、それが微塵もない場合は

インナーマッスルを総動員して、ほんの1cmくらいジコマンで膨らませる。

 

もちろん、普段服を着てたら分かりませんが

水着になるときとかには使えます。(と自分では思っている)

 

相手の殿方は目もくれてないんですが

ちょっとでも良く見られたい一心で、反射的にこの体勢になる(パブロフ)

 

今思い返すとこじらせすぎて、完全な黒歴史。

でも当時はめちゃくちゃ真剣。巨乳に擬態しようとする本能っていうのかな。

 

 

ただ、この1cmにこだわるくらいなら、髪の毛をサラサラにするとか

なんか別のポイントに意識向けたほうがよっぽど能率的でした。

 

@胸平 ちな

⇐前へ  次へ⇒


【荒ぶる微乳】記事一覧はこちら


スポンサードリンク


↑クリックすると巨乳に・・・はなりませんが私の元気になります☆

このページのトップへ

【荒ぶる微乳】トップへ